高速道路走行時の基本的な注意点

走りなれていないドライバーにとっては難しい・危ないと考えがちでしょうが、いくつかの注意点やコツさえ覚えてしまえば、歩行者も自転車もいないので快適に走ることが出来ます。

1・合流について 苦手な方も多いようですが、本線に入らないと高速道路は走れません。 上手に合流するためには、ランプウェイ(合流斜線)で充分に加速して本線を走る車の速度に合わせる。 次に本線を走る車の列を見ならどの車の前に入るか目標をつくる。前方の様子と、目標とする車との距離をサイドミラーで見つつ、ウィンカーを出しゆっくり入っていく。 本線を走る車から見ると、入ってくるのは見えているので充分に加速さえしていれば、入れてもらえます。 注意点は逆に極端に速度が遅いと、ぶつかる危険があるので自分の前には入れたくはありません。

2・本線の流れに乗ってしまえば、周りのペースに合わせて走行車線を走っていれば大した危険はありません 高速で走るので、目線を近くではなく先の方を見るようにしましょう。    3・長距離を走るときは適度な休憩をとる

4・車線変更時は早めのウィンカーとゆっくりしたハンドル操作、サイドミラーだけでなく必ず目視も行う

5・眠気を感じたら次のパーキング・サービスエリアで仮眠する

テクスチャー16