高速道路の特別な走行ルールとは

車は道路を走ることを基本的な使用目的としているものです。その道路は多種多様なものがあり、一般的な国道もあれば、その県が管轄している道路、または市町村が管轄している道路と様々です。中には高速道路もあったりします。特にこちらでは早く移動できる事がメリットとして考えられますが、逆に一度交通事故になってしまいますと、それが死亡事故につながるケースが多いというようなデメリットも持ち合わせているのです。ですからこのような道路を利用する際には、特にドライバーにはルールとマナーを守った上での利用を心がける必要があるのです。

その走行の中で、一般道路ではあまり見かけないような走り方があります。まず第一に気をつけていただきたい点は追い越し車線の存在です。これはルールでも決められており、片側が2車線以上の本線車道の場合、その一番右端の車線がこれに該当します。その名前の通りであって、使用目的は追い越しのための車線ということになるのです。ですから追い越しをしないでずっとその車線を走り続けることは違反行為となるのです。本線車道上でもパトロール中の覆面パトカーが多数いますので、そのような車を見つけた場合には検挙の対象となることを気をつけておきましょう。

コメントは受け付けていません。