レーンが開かないとき

ETCレーンが開かずに立ち往生してしまった時にパニックになりバックをしたり、無理にこじ開けようとしたりする人が少なからずおり、毎年何件かの事件として発表されています。

このような事態は、主にETCカードの入れ忘れや期限切れが原因で起こることが殆どです。
そのため、ETCを利用する時は、自動車に乗る前に、ETCカードの期限をしっかりと確認し、ETCにカードを差し込んで出発をするようにしましょう。
ETCにカードを指すときも、しっかりと読み込まれていることを確認するようにしてください。
しっかりと読み込まれていない場合、ゲードが開かずに立ち往生してしまいます。
しかしながら、実際にゲートが開かない場合はまずはその場で待機するようにしてください。
そして、係員が車で、絶対に自動車を発進させたりバックしたりしないように注意しましょう。
ゲート付近でバックすることは道路交通法で禁止されており、後続車にぶつかる可能性もあるので大変危険です。

ゲートが開かない場合は係員の到着を待ちそのご係員の指示に従って行動するようにしましょう。
ETCカードを持っている場合は、その場で対応してくれることも有りますので心配はいりません。

コメントは受け付けていません。