制限速度と通行区分

高速道路とは一般の道路とは違い、その名前の通りに速い速度で車を走らせることができる道路となっています。しかしながら、一度交通事故になってしまいますと、その事故は最悪の場合は死亡事故につながってしまいます。

一般道路でも死亡事故は発生するのですが、特に高速道路の場合はその確率が高くなります。それ故に、ドライバーは確実にルールを守ると共に、マナー良く、全員が気持ちよく道路を利用できるように配慮する事が求められるのです。

他車に対する配慮をどのようにするのかということを具体的に考えると、非常に難しくて正直分からないと思われるかも知れませんが、深く考えなくても単純にするべきことをしていけばいいだけのこととなります。例えば速度についてです。
速度は出しすぎると、いざという時の被害の程度は大きくなります。普段から速度は控えめに走ることが基本となります。特に道路に指定されてある制限速度がある時は、確実にその指示に従うようにして下さい。その他に通行区分につきましても、基本的には左車線を走ることとなっています。一番右側の車線は追い越し専用の車線となります。このような通行区分をしっかり守ることでも交通事故を減らすことにつながるのです。

コメントは受け付けていません。